股旅猫のダイエット、30代からの肉体再生
不摂生により衰えた身体を正統派ダイエット3点セット(食事制限、有酸素運動、筋力トレーニング)により再生していく過程を科学的な(?)視点で検証、公開します。体脂肪率15パーセント程度を目指します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
有酸素運動で筋肉は燃えるのか?2


前回、半月間のデータを元に「肥満した人間の場合、有酸素運動では筋肉は燃焼しない」という結論を発表した。(ただしこれは私の場合に限るわけだが・・・)
しかし、前回のデータはわずか半月間、わずか 2.4 kg の体重減少の期間の話であり、限定された条件(摂取カロリー量、運動量)の下でのデータとしては意味を持つが、長期のダイエットについてはどうかということについてはいささか説得力を欠くものであった。

そこで今回は長期間(3ヶ月)のはじめと終わりデータを示して、筋肉が燃焼するか否かを再び論じることにした。

(学会発表みたいな文体だが、まあもういい、もうやめだ、私が無理してなれなれしい文章を書くと却って気味が悪くなる)
さて、今回はグラフではなく生データで勝負する。

ダイエットを始める前(2月16日)
体重 86.1 kg   体脂肪率 30.3%  脂肪量 26.1 kg

現時点(5月11日)
体重 74.9 kg   体脂肪率 23.6%  脂肪量 17.8 kg

単純な引き算の結果
体重変化量 11.2 kg 脂肪量変化 8.3 kg 
参考データ 体水分量変化 1.6 kg

体重変化量における脂肪量変化の占める割合 74.1%
(ただし、体脂肪中に存在したと考えられる水分の減少分は無視した値)

体重が11.2キロ減少する間に、筋肉量は「最大で」2.9キロ減少ということだ・・・
昨日のデータに比べて脂肪減少量の占める割合が小さいのは、ダイエットの初期には有酸素運動は意識してやっていなかったことによると考えられる。

このことから有酸素運動はどうやら筋肉の減少を阻害する効果もあるといえるようだ。
低負荷とはいえ運動であることには変わりはないし、最も大きな筋肉が存在する足を動かす運動であるので、あながち私の見当違いでもないと思う。

結論として、食事制限だけのダイエットはなるだけ短期間にして、体調が回復したらすぐに有酸素運動を取り入れるべきだということがいえる。
しかし、あまり早く有酸素運動を始めていたら挫折していただろうな・・・と自己正当化もしておこう

スポンサーサイト

テーマ:日々の記録(体重入り) - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
私のblog履歴を見てお邪魔しました
元気印のおっしーです。
自分のカラダに耳を傾けて、楽しく
ダイエットがんばってください(^^)v
ご訪問ありがとうございました。
2006/05/14(日) 11:16:21 | URL | おっしー #-[ 編集]
コメントありがとうございます
おっしーさん、コメントありがとうございます。やりすぎにならないように続行するつもりです。
また、おっしーさんのブログ、今後も参考にさせていただきます。
2006/05/14(日) 16:00:17 | URL | 股旅猫 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://altekatze.blog64.fc2.com/tb.php/26-0589dcaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。